傷ついたインナーチャイルドの癒し方

_DSC1839

インナーチャイルドは「内なる子供」

と訳され、子供時代の記憶や感情を意味しています。ポジティブな思い出や感もあれば、ネガティブな思い出や感情もあります。インナーチャイルドに、「忘れてしまった記憶」「封印した記憶」「傷ついた記憶」、この3つの面があり、息ていく上で問題となって出てくるのは主に「傷ついたインナーチャイルド」です。

潜在意識の中でブロックされ守られているインナーチャイルド

傷ついたインナーチャイルドは心の奥深く、潜在意識の底に沈んでいます。忘れようとして、あるいは気づかないように無意識の中に閉じ込めてしまっているのです。この中にはトラウマになっているものもあります。

無意識の中でしっかりブロックされているので、よほどのことがない限り表に出てきません。脳が気づかないように、心が痛まないように安全装置によって潜在意識の中で守っているのです。潜在意識にはこうした心の傷がブロックのように積み上げられて蓄積していきます。

インナーチャイルド図

脳の安全装置がはずれる時

しっかり鍵をかけられて守られている傷ついたインナーチャイルドが、何かのきっかけでブロックがはずれて外に出てくることがあります。

これが傷ついたインナーチャイルド、「本当の自分」との出会い。なんとなく引っかかる、生きづらいと感じていたことが、この出会いによって表面化します。仮面を引きはがされたような感じになり、正面から向き合わざるを得なくなります。逆に言えば、ここでしっかり
傷ついたインナーチャイルドと向き合い、つながり、癒さなければ、今まで以上に苦しくて、生きていくことが困難になります。

傷ついたインナーチャイルドと現在の自分との統合

ここから傷ついたインナーチャイルドとつながるための癒しが必要になります。一人では困難なのでカウンセラーの力を借りて癒していくことをおすすめします。一度に癒されて解決するという簡単なものではなく、過去の傷と一つ一つ向き合い、その傷を消していく作業になります。そこには怒りや不安、哀しさなど、さまざまな封印していた感情が沸き起こり、混乱していきます。その心をまとめていく作業ですから、かかる時間も人によってさまざまです。でも、そうして心の傷を癒していくことで、生きづらさから解放され、安心して生きていける自分になることができます。生きる上での安全地帯を確保することができるのです。

生きづらさからの解放

傷ついたインナーチャイルドを統合することで、人間関係がうまくいかない、恋愛ができない、仕事を楽しめない、夢が持てないといった、なんとなく満たされなかった気持ちから解放されることができます。自然に物事を受け止められるようになり、力が沸いてくる。何でもできて、夢も叶うといった人間本来のパワーを取り戻すことができるのです。

カウンセリングルームSALAでは、現在のあなたの生きづらさの要因になっている傷ついたインナーチャイルドとやさしく向き合い、一つ一つ丁寧に階段を上るように癒し、あなたをサポートしていきます。生き生きと人生を楽しみ、キャリアを育むためには傷ついたインナーチャイルドと向き合うことがとても大切です。

▶インナーチャイルドカウンセリングはこちらへ。

アロマカウンセリングボタン

▶お電話でのご予約はこちらへ。

TEL 080-8504-3692