引きこもり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

厚生労働省では、引きこもりを以下のように定義しています。

「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態」

時々は買い物などで外出することもあるという場合も「ひきこもり」に含める。

元々は10代、20代を中心に広がったものですが、最近はさらに上の世代にも広がっています。引きこもりの原因として考えられるのは、人間関係などの周囲との摩擦や軋轢によるストレスで自宅から出らなくなるということ。あるいは原因が特定できず、精神的な疾患を引き起こし、就労や就学が困難になっている場合もあります。世の中が複雑になり、社会に適応できない人が増えていると考えられます。引きこもりは男性に多くみられる傾向があり、日本だけでなく韓国や台湾、アメリカ、オーストラリアなど先進国で見られる現象です。

生きる意味や意欲を喚起することが引きこもりへの対応策ですが、困難を呈しています。自分の力で生きざるを得ないという状況にならなければ、立ち上がれないという状況があるのではないでしょうか?