人生を左右する自尊心(セルフエスティーム)

CIMG1299

CIMG1299

幸せを感じたり、人と対等に付き合っていくためには自尊心が必要です。
英語でセルフエスティームと呼ばれる、この感覚を無意識の中に持っていないと物事がうまく進みずらく、いつもモヤモヤとした気持ちを抱えてしまうことになります。

自己評価、自己肯定感とも言い換えることができる自尊心。

とても大切なのですが、健全な自尊心を持っている人は意外に少ないのです。
「私なんて・・」「どうせ無理・・」といった人が実に多いのは現代の特徴。セルフイメージが低いのです。

どうして、自信を持てないのか?

根本的な問題として、幼児期に親から“無条件の愛”を受けていない、ということが上げられます。

“無条件の愛”とは、ありのままの自分を受け入れてもらうこと。
何かを得たからとか、何かができたからではなく、何も持ち得ない、ただ人としてあるがままの姿、あり様をそのまま受け入れ、愛された記憶が潜在意識に残されることで「自分は大丈夫だ」という自信を創り出します。

存在そのものに対する受容が、その存在に対して肯定的なセルフイメージを与え、プラスのイメージが潜在意識に蓄積されるのです。

“無条件の愛”は幼少期に親によって与えられることが一般的ですが、親に代わる誰かによって与えられることもあります。親には構ってもらえなかったけれど、おばあちゃんに愛された・・というように、育つ過程で誰かが無条件の愛を与えてくれた場合ですね。

自己肯定感が高いと、ポジティブな考え方ができ、積極的な行動をとることができます。
コミュニケーション能力も高まるのです。少しの失敗でくじけることがなく、常に喜びを感じながら生きていくことができます。

反対に、自己肯定感が低いと、構えてしまって自分を素直に出すことができず、コミュニケーションも人間関係も難しくなります。常に失敗しないかどうかびくびくし、躓いたらなかなか立ち上がることができません。悪循環を生み、ストレスを溜めこんでいくことに。

つまり、自己肯定感があれば、人からの評価に左右されないのです。

ちなみに、プライドが高い=自尊心が高い
とはなりません。この逆で、自尊心が低いからプライドが高いのです。

“無条件の愛”を受けていなくても、人生を左右する自尊心を手に入れられるのか?

こんな疑問があります。無理だという声が多いのですが、
私は自助努力で自尊心を手に入れることができると考えています。

カウンセリングはそのためにあるのです。

ご相談はこちらへ。

アロマカウンセリングボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です