アダルトチルドレンカウンセリング

file1491299437616

file1491299437616

アダルトチルドレンは、アダルトチルドレン・オブ・ディスファンクショナル・ファミリー
(Adult Children of Dysfunctional Family)の略で、子供にとって安全な場所として認識されなかった場所、機能不全家族の中で育った子供のことを表現する言葉です。

アダルトチルドレンは幼少期に様々な心の傷を負い、これが原因で大人になってから、自分自身の心や人間関係に障害を持つようになると考えられています。

具体的には・・・・
・自分の感情がわからない
・人間関係が作りにくい
・周囲が気になる
・どうしたいのかわからない

こうした「生きづらさ」を抱えています。

もともとアメリカでは、アダルトチルドレンは、アダルトチルドレン・オブ・アルコホリック、つまりアルコール依存症患者の親の元に生まれ、そのまま大人になった人たちを指していました。これに対して日本では、親の期待に応えすぎた「いい子」、親に搾取されてしまった子供もアダルトチルドレンとし、この割合が多くなっています。

いずれにせよ、こうした幼少期のトラウマを大人になってからも抱え込み、重症な場合は対人恐怖や対人緊張、神経症を患うこともあります。

アダルトチルドレンを生む家庭が機能不家族です。こうした家族は増え続けています。漫画「さざえさん」のような理想的な家族像が幻想となった現代において、家族の役割は極めて曖昧になりつつあります。

父親が父親らしく、母親が母親らしくあった時代・・・でも、過去を遡っても、実は家族という器は様々な問題を抱えて進んできました。アダルトチルドレンという言葉が生まれ、情報が充実するにつれて、人々が意識化するようになったのです。

もしも、自分の生きづらさが、自分の育った家族にあると感じた場合、そこから自分自身を再生していけばよいと私は思います。人間は何度でも生まれ変われる。そう信じて。

ただ、生き方を再生する、ライフスキルを一人で身に着けることは容易ではありません。その場合はカウンセラーに相談し、自分創りをしていくことをお勧めします。

もしかしたら、その「気づき」によって、素晴らしい自己再生ができるかもしれませんよ。

アダルチルドレンカウンセリングのお申込みはこちらへ

アダルトチルドレンの自己診断はこちらをご参考にしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です