小林麻央さん、愛しすぎたのかも・・・

_ICT0756-01

フリーアナウンサーの小林麻央さんの
若すぎる死に心が痛みます。

愛される過ぎた夫の市川海老蔵さんの
記者会見を見て
「私を変えてくれた人」と言う言葉が
心に残りました。

人と過去は変えられない。

心理学の世界の定説のような言葉です。

でも・・・

「愛は人を変えることができる」

自分が変わるほど愛された人は幸せですね。

麻央さんは命を賭けて愛したのでしょうね。

そんな気がします。

あなたは命を賭けて愛したい人がいますか?

実は私、私は無理だと感じました。

そこまで愛せない。

なぜか?

やっぱり私は私が大切だから
私自身を守ってしまいます。

麻央さんはおそらく、私たちが想像する以上の
ストレスを抱えていたと思います。

歌舞伎役者の妻として、母として、女として
マスコミに注目される著名人として
フリーアナウンサーとして・・・

フツーのストレスではないですよね・・きっと。

人に嫌な思いをさせない気遣いの人だったとも言われています。

いつ、どこで、自分のわがままを外に出していたのでしょう?

私にはできないことをされていた。
だから「すごい人」だと思います。

私と同じように
わがままな自分がいる人。

自分を人に与えきれない人。

安心してください。

私もそうですから・・・

愛深き人はすごい。

でも、そうなれなくても大丈夫。

それを伝えたいと思います。

愛の重みを感じた先週でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です