心をいつも「今ここ」に戻す

2014y05m13d_072411521

心ここにあらず・・・
という表現がありますよね。

たとえば、誰かに恋をして
四六時中その人のことを考えている。
仕事が手につかない・・・

その人と会った時のドキドキした
ときめきの気持ちを今の心に再現したくて
その時の気持ちにトリップしている。

だから・・・心は「今ここ」にない。

恋のようにうれしい、心地よい心の状態以外も同じ仕組み。

職場の人間関係で嫌な思いをして
それが昨日のことなのに今もいや~な気持ち
口惜しさや苛立ちを抱えている。

これも心が「今ここ」になく
昨日の、その嫌な現場にあるからです。

悩みの多い人は、心が「今ここ」になく
絶えず、あの時、その時、過去をさ迷っています。

このさまよえる気持ち、心を「今ここ」に向ける。
集中されることが、悩みから解放されるポイントです。

生きていればさまざまなことに出会います。
嫌な思いもたくさんします。
悔しい思いもたくさんします。
哀しみも、苛立ちも起こる。

そんなマイナスの感情を引きずらないように
いつも心を「今ここ」におくように習慣づける必要があります。

それがポジティブな心の創り方。

性格ではなく、心の動かし方
習慣づけることで、それができるようになります。

カウンセリングは、そんな心のトレーニングをする場でもあります。

いつもいつも嫌なことにフォーカスしてしまう。
ネガティブな思考が抜けないという方は
カウンセリングが有効です。

「今ここ」に集中できる心は
夢や目標を実現するためにも必要です。

過去の失敗にとらわれていると・・・
思うような未来を手に入れることができません。

幸せな未来を手に入れるためにも
「今ここ」にいつも心を置くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です