真実を生きるための自己一致

girls

人は見かけで決められない。
第一印象こそがすべて。

あなたは、どう思いますか?

外見はおとなしく、クールな印象を与える人が
実はとっても情熱的な一面を持っていて驚かされることがあります。

ファーストインプレッションがよく、面接受けはいいから採用率も高い。
でも、少し働くとボロが出て、人間関係がほつれてくる。だから辞めることに・・・。

だから、冒頭の質問はどちらも真実だと私は思います。
そして、これはこれは人を他者から見て判断する場合のことです。

では、自分で自分自身を考えた場合・・・

“表に表れている自分”と“内なる自分”は一致していますか?

つまり、本当の自分を生きているのか、ということです。
人に良く思われたい、人に騙されるのではないか? 誤解されたくない。

そんな思いが、内なる自分と表の自分を解離させている場合があります。
具体的に言うと・・・

関心があるのに無関心を装ってしまう。
よく見られたくて無理をする。
知らないのに知ったかぶりをする。
怖いのに平気な顔をする。
受け入れてもらいたくて、好きでもないことを好きだと言う。
悪口を言いながら、その人たちとつき合う。

こんなことを繰り返していると、自分の外と内がどんどん離れていってしまいます。

心が苦しくなったり、精神的なしんどさを抱えてしまうのは
この状態が続いていくからです。

健康的に生きる。自分らしく生きるためには
内なる自分と外の自分を統一する。一致させる必要があります。

これを自己一致と呼びます。
わかりやすく表現すると、自分に正直に生きる、ですね。
真実を生きると言ってもいいでしょう。

バカ正直に生きなさい、と言っているわけではありません。
何が何でも事実を話すということでもありません。

自分の中に矛盾を抱えないということです。

子供から大人に育っていく間に、親から、あるいは学校から教育を受け
自分の内なる声がかき消されていってしまいます。
「~しなさい」「~しなければダメ」。
そんな外からの重圧に押しつぶされて、内なる心にブレーキがかかっていきます。

威圧的、あるいは偏った価値観を持つ親に育てられた場合
感情が抑圧されて、どんどん委縮していきます。

それによって内なる自分、本当の自分の評価を自分自身で下げていってしまうのです。

自己評価が低いという状態が作られるのは、これが原因です。

もしも、あなたが自分は自己評価が低い、そう感じていたら・・

自分の内なる声に耳を澄まし、正直に自分を開いていきましょう。
自分はOK。本当の自分のままでOK。
そう呟いて、自分を認めていくのです。

あなたの内なる自分が天真爛漫で、とっても素直に表出されていくと・・
もしかしたら、そのピュアさに嫉妬する人々が出てくるかもしれません。

それでも、そのまま突き進んでください。
その勇気が、あなたを自由に、魅力的にしていきます。

一人一人違っていていい。一人一人、そのままの自分を正直に生きる。
自己評価はそうして作り上げていくものです。

自己一致させていくプロセスを一人で行うのがたいへんな場合は
カウンセラーの力を借りてください。

あなたが自分を解放して、自分に自信を持ち、自分らしく生きられるようになるよう
サポートしていきます。

あなたの人生はあなたのもの。
内なる自分が求めているものを知ることは、とても大切ですよ。

アロマカウンセリングボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です