HSPのセルフチェック


HSPからうつやアダルトチルドレン、共依存などが関連ワードとして出てきます。
繊細過ぎて神経症状となって表れる場合もあれば、
繊細さを生かして創造的な仕事で成功する場合もあります。

1 自分の周囲の環境の微妙な変化によく気づく。
2 他人の気分に左右される。
3 痛みにとても敏感である。
4 忙しい日々が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、
 刺激から逃れられる場所に引きこもりたくなる。
5 カフェインに敏感に反応する。
6 明るい光や強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい。
7 想像力が豊かで空想に耽(ふけ)りやすい。
8 騒音に悩まされやすい。
9 美術や音楽に深く心動かされる。
10 とても良心的である。
11 すぐにびっくりする。
12 短期間にたくさんのことをしなければならない場合、混乱してしまう。
13 人が不快な思いをしているとすぐに気づく。何かしてあげようとする。
14 一度にたくさんのことを頼まれるのは嫌だ。
15 ミスをしたり、物忘れをしないようにいつも気をつける。
16 暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている。
17 あまりにもたくさんのことが自分のまわりで起こっていると、
 不快になり、神経が高ぶってくる。
18 空腹になると、集中できないとか
 気分が悪くなるといった強い反応が起こる。
19 生活に変化があると混乱する。
20 デリケートな香りや味、音、音楽などを好む。
21 動揺するような状況を避けることを、
  普段の生活で最優先している。
22 仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、
  緊張し、いつもの実力を発揮できなくなる。
23 子供のころ、親や教師は自分のことを「敏感だ」 とか
 「内気だ」と思っていた。

目安として、12個以上「はい」と答えたらHSPとされています。
誰が決めるのでもありません。自分自身が「そうかも・・」と感じたら、
HSPとして心に留めておくとよいかもしれません。
個性として活かしていくことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です