HSPとは?


HSPはHighly Sensitive Personの略で、日本語に訳すと「とても敏感な人」。
アメリカの心理学者、エレイン・N.アーロン博士が提唱しました。

卑屈、恥ずかしがり、神経質、弱虫、引っ込み思案など、神経が繊細で傷つきやすい人、
デリケートな人を指し、かつ、これらを肯定的にとらえています。

匂いや音、一緒にいる人の気分など、周囲の微妙な変化を普通の人よりも敏感に感じ取る能力に恵まれ、
創造性にも優れている人で、15~20%存在しているそうです。

こうした気質をそのまま受け止め、活かしていこうと提案しています。

→HSPのセルフチェックはこちら

 

 

 

以下の記事もご参考に。

■HSPとは?

■HSP傷つきやすい人へのカウンセリング

■HSPカウンセリング事例

■HSPの仕事

■恋愛能力が高いHSP。傷つくことを恐れないで・・・

■HSPを乗り越えるための境界線、環境から自分を守る方法

■傷つきやすい自分の扱い方

■距離を置く。選ぶ。戦わない。守る。反応しない。行動する。浄化する。HSP改善法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です