摂食障害のセルフチェック

摂食障害が増えています。以前は思春期の女性にみられた心の病いでしたが、最近は発症年齢が上がり、男性にも増えています。チャックの数が多いほど可能性が高くなります。

■拒食症のセルフチェック   

1 1日に何度も体重をチェックしてしまう。数値の増減が気になる。
2「痩せている」と言われるけれど、自分では太っていると思っている。
3 太るのが怖い。
4 生理が3回以上ない。
5 食物のカロリーが気になり、カロリーの低いものを選んで食べる。
6 食事をよく残すようになった。
7 立ちくらみやめまいが多い。特に持病はない。
8 あまり食べていないのに身体は元気で
 よく動き回る傾向がある。
9 子供の頃から頑張り屋。頑張れば報われると思っている。

■過食症のセルフチェック

1 自分が嫌い。
2 人に本音を語れない。用心してしまう。
3 食後、何時間もトイレや部屋にこもる。
4 体重が一定せず、増減のふり幅が大きい。
5 たくさん食べているのに、太らない。
6 食べた後、落ち込んでしまう。
7 頭の中は食物のことばかり。
8 いつも自信がなく、自己評価が低い。
9 子供の頃からいい子で頑張りや。「~ねばならない」思考が強い。
10 いつも自分を抑えてしまう。周りに合わせようする。
11 食べだすと止まらないことがある。
12 ストレスが溜まっている。