トラウマ・心的外傷後ストレス障害

IMG_5160

■トラウマ

トラウマになっている。そんな言い方をすることがありますね。トラウマとはつまり、心にできた深い深い傷。子供の頃に虐待された、強い言葉で自分を否定されたレイプに遭ったなど、そんな経験をすると、大人になってもその傷を背負い続けてしまいます。そして、何か行動をする時に心のブレーキとなってしまい、成長を阻みます。

・思い出すと嫌な気持ちでいっぱいになる。
・空虚感に襲われることがある。
・とても怖くなって震えてしまう。
・特定の行動に対して身体が強い反応をする。
・その時の体験を思い出すような夢をみる。

解決できない心の痛手はトラウマ化し、PTSDなどの深刻な症状を引き起こす事があります。

■PTSD(心的外傷後ストレス障害)

過去に経験した強い痛手、命や人間としての尊厳にかかわる体験によって引き起こされます。トラウマが深刻化した状態で、自分を守ろうとする機能が働き、次のような行動がみられます。

・トラウマ体験を思い出すような場所やモノを避ける。
・体験した時の記憶を完全に忘れている。
・意欲が低下し、孤独感に苛まれる。
・辛い感情を感じないように防衛する。
・将来に夢がもてない。

このため、イライラしたり、不眠症に陥ったり、刺激に対して過剰反応してしまうなどの症状が出てきます。

こうしたトラウマやPTSDはカウンセリング、心理療法を使って心の傷を癒し、回復していくことが可能です。人間の心には自己治癒力があり、必ず健康な心を取り戻すことができます。