パニック障害

P1040369

不安発作とも呼ばれます。身体の病気や薬物によって引き起こされる症状も含めて使われる言葉で、フラッシュバックとは異なります。

・動悸、心悸亢進、または心拍数の増加。
・発汗。
・身体の震え。
・息切れ感、または息苦しさ。
・窒息感。
・胸痛、または胸部不快感。
・嘔吐、または腹部の不快感。
・めまい感、ふらつく感じ、または気が遠くなる感じ。
・死ぬことに対する恐怖。
・冷感または温感。

このうち4つ以上の症状が現れる場合をパニック障害です。パニック障害は、薬によって治るとする考え方と薬を使っても治らないとする考え方の両方があります。薬で一時的な症状を抑えられても、根本的に解決するためには、パニックを引き起こす要因を取り除くことだと考えられます。